人物

野澤めぐみ(厚生労働省)のwiki風プロフィールや経歴!英語堪能なエリート美女

最近荒れ気味の国会で、テキパキとした動きで活躍が目立つ美女は野澤めぐみさん。

加藤厚労大臣をサポートしている秘書官事務取扱で、一橋大学出身のエリートで大変優秀な女性だそうです。

上野樹里に似ているかなりの美女です。

6年前の可愛い画像もありました。

野澤めぐみさんの年齢などのwiki風プロフィールや経歴をまとめました。

野澤めぐみのwiki風プロフィールや経歴

野澤めぐみ(のざわめぐみ)
  • 生年月日:1974年生まれ(?)
  • 現在:秘書官事務取扱
  • 大学:一橋大学

平成14年(2002年)のインタビュー(p.31に画像あり)で、「大学卒業から5年が過ぎた」、とお話されているため、年齢は45~46歳だと思われます。

【経歴】

新聞社で勤務後、平成12年(2000年)に入省。

平成12年(2000年)職業能力開発局能力開発課・愛知労働局・名古屋北労働基準監督署・名古屋中央公共職業安定所・

平成13年(2001年)労働基準局勤労者生活部企画課

平成14年(2002年)厚生労働省大臣官房国際課

OECD(経済協力開発機構)に出向し、ロンドン赴任経験があり、英語が堪能。

その後、秘書官事務取扱となります。

秘書官事務取扱は、課長になる直前の役職で、出世コースと言われています。

厚生労働省は多岐に渡った知識が必要であるため、野澤さんは省内でも優秀な人材と評価されているようです。


秘書官事務取扱の仕事

秘書官事務取扱とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?

通称「カバン持ち」と言われているそうです。

大臣のカバンを持って、国会審議や海外出張など公務すべてについて動きます。

【主な仕事】

  • 大臣のスケジュール調整
  • 国会審議での大臣のサポート
  • 大臣が物事を判断するにあたって助言
  • 大臣と事務方間のつなぎ役(大臣の意向を事務次官以下の事務方に伝えたり、事務次官の考えを大臣に伝えるなど)

秘書官に任命されるのは、だいたい40歳前後の人。

キャリア官僚の昇進はこのような流れです。

係員4年→係長4年→課長補佐10年企画官4年→課長5年・・・

野澤氏のような秘書官事務取扱になるのは企画官か、課長補佐クラスとのこと。

秘書官は、内閣改造で大臣が代わると必ず交代します。

土日の仕事が多い、朝が早い、突発的な仕事がいつ入るか分からない、大臣との気苦労・・・など相当大変なポジションです。

秘書官事務取扱の給料

野澤氏は秘書官事務取扱で、課長になる前の役職だそうです。

課長になると年収は1,200万円くらいらしいので、予想ではありますが、それより少し低い1,000万円くらいなのかと思われます。



まとめ

「野澤めぐみ(厚生労働省)のwiki風プロフィールや経歴!英語堪能なエリート美女」という内容でお伝えしてきました。

エリートコースの優秀な方だということが改めてわかりました。

大臣が厳しい人だと気苦労の多い大変な仕事ですし、特に今この時期の厚生労働省は気が休まらないことと思います。

今後の活躍を期待しています。