知りたい

鏡開き2020は1月11日(関西は15日)残す・割る・刃物禁止!

鏡開きは、お正月が終わって飾っていたお餅を食べられる日!

イベントではお汁粉が振る舞われていたり、給食でもおもちのメニューが出たり、とても楽しみな行事です。

一般的に1月11日に鏡開きを行います。

鏡開きは日本の伝統行事であり、やり方・ルール・禁止事項がありますそれらをまとめましたのでご覧ください。

鏡開きをするのはいつ?

鏡開きは一般的に1月11日に行います。

地方によって違いがあり、関西地方は1月15日。京都や近隣の一部の地域では1月4日に行われます。

鏡開きの日が地域によって違うのは、松の内(正月飾りを飾っておく期間・年賀状の期間)が関係しています。

関西の場合は1月15日に鏡開きが行われることが多く、松の内が1月15日であるところでは、1月20日に行われています。

るう
るう
食べたいときに食べるのではなく、鏡開きの日にいただきます!

お正月というのは、年神様をお迎えする行事。

鏡開きは、お正月に神様にお供えしていた鏡餅を下げて、それを食べる風習です。神様にお供えした食べ物には年神様が宿ると考えられていて、それを食べることで無病息災を祈願します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019.1.15 ・ 関西では今日が#鏡開き ・ 小豆の優しい甘さに ほっこりしました😊

@ akanesora39がシェアした投稿 –

鏡開きのやり方・ルール・禁止事項

鏡開きは日本の伝統的な行事であり、マナー・やり方・ルール・禁止事項があります。

鏡開きで、お正月に区切りをつけ、仕事始めをする、という意味がありました。元々は武家から始まった行事であったため、刃物で餅を切るのは切腹を連想させるので厳禁とされました。餅を手で割り砕くか槌で開くようにします。槌で「割る」のは縁起の悪い表現なので「開く」といわれています。

【やってはいけない!鏡開きNG行為】

✖鏡餅を食べない ○必ず食べる

✖刃物(包丁)で切る ○手で割り砕く・槌で開く

✖「割る」と表現 ○「開く」と表現

✖食べ残す・捨てる ○残さず食べる



まとめ

鏡開きは、一般的に1月11日に鏡開きを行います。地方によって違いがあり、関西地方は1月15日。京都や近隣の一部の地域では1月4日に行われます。

鏡開きは日本の伝統行事であり、やり方・ルール・禁止事項があります。

【やってはいけない!鏡開きNG行為】

✖鏡餅を食べない ○必ず食べる

✖刃物(包丁)で切る ○手で割り砕く・槌で開く

✖「割る」と表現 ○「開く」と表現

✖食べ残す・捨てる ○残さず食べる