美女

明日海りおの本名や事務所!宝塚の美形イケメン画像も

元宝塚の明日海りおさんがディズニー実写版『ムーラン』ヒロインの声を担当することが発表されました。

明日海さんは、2019年11月に宝塚を退団されたばかり。

退団後初めての仕事が、『ムーラン』主人公の声という大役で、大変話題となりました。

明日海りおさんが宝塚時代どんな活躍をされていたのかも気になります。美形イケメンと評判だった画像も探し、どんな方なのか調べてみました。

明日海りおのプロフィール

明日海りお(あすみりお)
  • 本名:海野沙由美
  • 1985年6月26日生
  • 出身:静岡県静岡市
  • 身長:169cm
  • 血液型:B型
  • 中学:静岡雙葉中学校
  • 事務所:研音

 

この投稿をInstagramで見る

 

y u k i n a(@yuki.__626)がシェアした投稿

明日海りおさんの愛称は、「みりお・さゆみし・みりりん・みりそ」とバラエティに富んでいます。

芸名は、明るく未来へ向かっていく感じに、と家族で考えたそうです。

兄弟はおらず、一人っ子。1歳から小学校入学までスイミングを続け、3歳からバレエ、4歳からピアノと習字を習っていました。

中学3年生のときに見た真琴つばささん主演の公演「LUNA-月の伝言-/BLUE・MOON・BLUE」のビデオを観て、宝塚に夢中に。

当初は、音楽学校を受験することを両親に大反対されましたが、三日三晩部屋にひきこもって泣きわめいた末に熱を出して寝込んだ娘の姿を見て受験を許されたそうです。

明日海りおの宝塚時代

2001年4月宝塚音楽学校へ入学

●2003年3月宝塚歌劇団89期生として入団

初公演は2003年4~5月公演「花の宝塚風土記(ふどき)/シニョール ドン・ファン」

●2012年月組準トップスター就任

「ロミオとジュリエット」「春の雪」「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編」など全34の宝塚歌劇

●2013年花組へ移動

●2014年花組トップスター就任

「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」「ポーの一族」「恋するARENA」など退団公演を合わせ、全23宝塚歌劇

●2019年宝塚歌劇団退団

●2020年研音に所属し、芸能活動開始

準トップスターからトップスターと、宝塚歌劇内での経歴はすばらしく、退団の際のメモリアルブックは一時売り切れが続いていたそうです。

明日海りおの美しい画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

maiko(@mkmaiko)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

mm kshr(@periosan)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sanae Hirano(@sanae.hirano)がシェアした投稿

どの写真も確かに美形イケメン。

現在の所属事務所【研音】は、天海祐希、川口春奈、沢村一樹など、活躍している俳優が多数在籍しています。

今後どんな美しい姿で活動されるか楽しみです。



まとめ

明日海りおの本名や事務所などのプロフィールや経歴について。

さらに宝塚時代のの美形イケメン画像などをご覧いただきました。

宝塚退団後、間もなくディズニー映画の吹き替え役に選ばれた明日海りおさん。

この初仕事をきっかけに、今後の活躍が期待されます。